テレビ選び

テレビ選び

薄型テレビを選ぶとき、プラズマテレビや液晶テレビを問わず、カタログの「フルHD」という言葉が気になりませんか?2006年、一部の大型高級モデルに限られた「フルHD」というフレーズ。 2007年は、テレビのさらなる大型化と低価格化トレンドに乗って、一気に身近となりそうです。テレビ選びもいいですが、オンラインカジノでゲームをすることもお勧めします。

これから薄型テレビを購入するという方は、必見

元来、「フルHD」という言葉に厳密な定義は有りません。 家庭用テレビの場合、単に表示パネルの画素数が「1,920 x 1,080」(横x縦)である事を意味しています。

各社のカタログを調べると、「フルHD」に相当する言葉は、下記の通り様々ですが、同義と考えて差し支え有りません。それぞれの画面解像度は下記のとおりです。

full-hd

HD:1440×1080ピクセル
フルHD:1920×1080ピクセル
4K:3840×2160ピクセル

4KのディスプレイはHDのディスプレイのおよそ5.3倍きめ細かいということです。オンラインカジノでゲームをすることもお勧めします。たとえばテレビ会議を想定した場合、画質がいいに越したことはないかもしれませんが、その分映像のデータ量は増すことになります。使用するネットワークの許容量を超えないように注意が必要です。「HD」「フルHD」「4K」の違いは、きめ細かさを表す「画面解像度」です。高画質に越したことはないかもしれませんがデータ量は増しますので、テレビ会議など、データのやり取りをする場合は注意が必要です。