HDやフルHDの違いって何?

スマホの設定でよく目にするHDやフルHD何がどう違うの?

ケータイの性能カタログや、スマートフォンの設定画面で「HD」の文字を目にした人も多いと思います。その言葉通りのニュアンスで、「HD」は綺麗なのだろうなぁ、ということがわかりますし、おおよそ間違ってはいません。

最近では、「フルHD」という言葉も出てきました。いったい何が「フル」なのでしょう。「振る」のかな、と、流石に思っている人は居ないと思いますが、両者の違いを解説していきましょう。まず、そもそも「HD」というのは何でしょう。これは、「High Definition(ハイ ディフにッション)の略で、直訳すると「高い 精細度」ということを指します。

つまり、高解像度ということになります。実際に使うのは、写真の時の設定だと思いますが、短いほうを720個のドット(点々)で写真を表すものを「HD」画質、さらに短いほうを1080個のドットで写真を表すものを「フルHD」と表現しています。

つまり、「フルHD」は、「最高な高精細」という表現方法なのです。(厳密には全てのハイビジョンコンテンツを表示できる精細度)。つまり、「HD」よりも「フルHD」のほうが高精細なのかな、と思うと良さそうですね。なお、スマートフォンで言う「HD」と「フルHD」は以下のようになります。

「HD」→1280 x 720

「フルHD」 →1920×1080

プロジェクターの能力を最大限に引き出すため、長年の研究を経て作られたスクリーンです。 フルハイビジョンのプロジェクターはもちろん「4Kプロジェクター」にも対応し、高解像度のプロジェクターでありがちなモアレが発生しません。最近はパチンコの画像もHDが使用されています。すごい進化ですね。オンラインカジノの画質でも同じようなことが見受けられます。オンラインカジノはインターネット環境があれば、本場のカジノと同じゲームをネット上で楽しめることを言います。HDなどのハイクオリティーな画像も楽しめます。またオンラインカジノでは、オンラインゲームをしていて、サクッと稼ぐこともできるので、オススメです。

プロジェクターの能力を最大限に引き出すため、長年の研究を経て作られたスクリーンです。 フルハイビジョンのプロジェクターはもちろん「4Kプロジェクター」にも対応し、高解像度のプロジェクターでありがちなモアレが発生しません。シアターハウスが独自に研究、開発した『ハイビジョンマット』はフルハイビジョンより4倍もの高解像な映像4K2K映像に対応しており、 プロジェクター本来の高繊細な映像を楽しむことができます。

ホームシアター用途はもちろん、企業、店舗などのプレゼン用途でもお使いいただけます。生地表面に凹凸がないため高繊細な映像を忠実に再現しています。シアターハウス開発した4K、フルハイビジョン対応スクリーン生地「ハイビジョンマット」の生地表面には、織目がございません。生地を拡大してみると、織目の出方がよくわかります。左の生地が従来の生地で右側が新しく開発された新しいスクリーン生地です。この織目がモアレの原因となるのです。

今までのものは、表面が平らに近かったのですが、新しいフィルムは表面に微細なシボが無数にあります。この微細なシボが映像に変化を与え従来のものと比べて映像のコントラスト感が高くなり、メリハリのある映像を再現してくれるでしょう。またなめらかでしっとりとした画像もいい感じです。左が従来の生地、右が現在の新しい生地となっていますが、拡大写真だと表面の感じがわかりやすいと思います。左がほぼ平面なのに対して、右は微細なシボが多くある事がわかります。コントラストの他にも生地の表面処理が変わったことでテカリが抑えられ、ギラギラ感のない、しっとりとしたなめらかな映像を再現してくれます。