オンラインカジノ

HDやフルHDの違いって何?

スマホの設定でよく目にするHDやフルHD何がどう違うの? ケータイの性能カタログや、スマートフォンの設定画面で「HD」の文字を目にした人も多いと思います。その言葉通りのニュアンスで、「HD」は綺麗なのだろうなぁ、ということがわかりますし、おおよそ間違ってはいません。 最近では、「フルHD」という言葉も出てきました。いったい何が「フル」なのでしょう。「振る」のかな、と、流石に思っている人は居ないと思いますが、両者の違いを解説していきましょう。まず、そもそも「HD」というのは何でしょう。これは、「High Definition(ハイ ディフにッション)の略で、直訳すると「高い 精細度」ということを指します。 つまり、高解像度ということになります。実際に使うのは、写真の時の設定だと思いますが、短いほうを720個のドット(点々)で写真を表すものを「HD」画質、さらに短いほうを1080個のドットで写真を表すものを「フルHD」と表現しています。 つまり、「フルHD」は、「最高な高精細」という表現方法なのです。(厳密には全てのハイビジョンコンテンツを表示できる精細度)。つまり、「HD」よりも「フルHD」のほうが高精細なのかな、と思うと良さそうですね。なお、スマートフォンで言う「HD」と「フルHD」は以下のようになります。 「HD」→1280 x 720 「フルHD」 →1920×1080 プロジェクターの能力を最大限に引き出すため、長年の研究を経て作られたスクリーンです。 フルハイビジョンのプロジェクターはもちろん「4Kプロジェクター」にも対応し、高解像度のプロジェクターでありがちなモアレが発生しません。最近はパチンコの画像もHDが使用されています。すごい進化ですね。オンラインカジノの画質でも同じようなことが見受けられます。オンラインカジノはインターネット環境があれば、本場のカジノと同じゲームをネット上で楽しめることを言います。HDなどのハイクオリティーな画像も楽しめます。またオンラインカジノでは、オンラインゲームをしていて、サクッと稼ぐこともできるので、オススメです。 プロジェクターの能力を最大限に引き出すため、長年の研究を経て作られたスクリーンです。 フルハイビジョンのプロジェクターはもちろん「4Kプロジェクター」にも対応し、高解像度のプロジェクターでありがちなモアレが発生しません。シアターハウスが独自に研究、開発した『ハイビジョンマット』はフルハイビジョンより4倍もの高解像な映像4K2K映像に対応しており、 プロジェクター本来の高繊細な映像を楽しむことができます。 ホームシアター用途はもちろん、企業、店舗などのプレゼン用途でもお使いいただけます。生地表面に凹凸がないため高繊細な映像を忠実に再現しています。シアターハウス開発した4K、フルハイビジョン対応スクリーン生地「ハイビジョンマット」の生地表面には、織目がございません。生地を拡大してみると、織目の出方がよくわかります。左の生地が従来の生地で右側が新しく開発された新しいスクリーン生地です。この織目がモアレの原因となるのです。
Uncategorized

HDプロダクション2

ライブプロダクションはHDTVだけに留まらず、「放送」というカテゴリー全てにおいての突出した技術力は目を見張るものがある。画期的なコンサートやスポーツイベント、劇場公演、そして今やビジネスシーンで主流となっている会議などで必要と想定されるものは、全て網羅しているといっても過言ではない。HDの本領である高解像度映像を大画面で映す場合にも、微塵の粗さも感じさせない。現代社会では至る所でライブイベント(音楽だけに限らない)が行われており、高解像度のLEDスクリーンやプロジェクターなどが用いられているが、全てのスクリーンをフル解像度で使用できるということは、もはや不思議でも何でもなく、当たり前に実現化されていることなのである。
Uncategorized

HDプロダクション3

先にも挙げたように、現在のビジネスシーンを支える一つのコンテンツとして、HDビデオ会議がある。各々が現場に出向かずとも環境さえ整えば、すぐさま会議を開くことが可能なこのシステムは忙しい現代人には欠かせない。もちろん機能的にも非常に充実しており、第一に相手を目前にしたかのようなリアルな映像で、表情や仕草までを鮮明に捉える。次に安定した接続と高音質で、声が明瞭で、通信切断などはまず考えられない。海外との通信にも十分な力を発揮する。操作に一切の複雑さはなく、パソコンやサブカメラなどとの連動は完璧であり、製造業・教育機関、医療機関、情報通信、商社など、様々な企業のニーズを満たすものであるので、引っ張りだこになるのは当然の状況といえるであろう。
Uncategorized

HD Video概要 2

更に上述したHD画質の中で、最も解像度が高い1920×1080ピクセルに対応したものは他との差別化が図られ、「フルHD画質」と呼ばれている。簡潔に要約すると、横長で非常に質の高い映像のことをHD画質と呼ぶといえば、分かりやすいだろう。実に魅力的なアイテムではあるが、最先端技術の結晶として捉えると、普及を考えた場合に大切なのは値段でもある。既に現在ではHD画質対応というのが当たり前になってきており、値段も下落傾向にある。しかし、フルHDともなると期待している程度にも値段は下がらず、現状だと一般家庭などの範囲ではもう少し普及に時間は掛かる見込みだ。今見ているものが、映像なのか? 実像なのか? そのような時代が間もなく到来するかもしれない。
Uncategorized

HDの展開 1

一般家庭での普及を考えれば、HDTVが妥当な線であると思われるが、このHD画質に最も注力している業界は、映画・ゲーム業界といえるのではないだろうか? そしてこれらの業界に於いては、HDプロダクションも関与している。映画業界に目を移すと、コンピュータ生成・代替の画像増加や、編集処理のデジタル化に伴い、デジタルビデオカメラの最高位機を用いて、映画撮影をする監督も存在する。HDビデオはSDビデオに比べ、圧倒的に高品質であり、それに比肩させようと、SN比に改良されてはいるが、フィルムはHDビデオより色鮮やかに画像を解像できるようになっている。一言にHDといえど、実に多様なアイデアがあり、技術者レベルでは素人には想像ができない範囲にまで細工が施されているのだ。
Uncategorized

HDの展開 2

映画業界では更に、フィルムには最上位のHDカメラを一段と品質向上させた、HDカメラよりも広いダイナミックレンジを特長とするものがある。HDを使用する際の解説としては、フィルムストック費用を抑えることと、特殊効果を用いる際に編集システムへ簡単に転送をするためだとしている。万人問わず大変な人気があるSF作品は、デジタルカメラでの撮影が主流となっており、その効果としては、観客がまるで本当にその映画世界を身を寄せているような臨場感・緊迫感を忠実に具現化している点にある。一度この世界を体験してしまえば、普通の画像に物足りなさを感じることは当然で、エンターテイメントの業界に於いて、HDの存在は本当に切っても切り離せない関係にあるのだ。
Uncategorized

HDプロダクション1

先までHDの技術的側面の細部に焦点を当ててきたが、プロダクションとしてはどのような動きを見せているのだろうか? もちろんプロダクションと謳うからには生産である。その生産品に目を向けて考察してみよう。HDプロダクション最大の仕事を一括りで言うならば、ライブプロダクションだろう。様々な業界で取り入れられる、カメラを主軸にしたプロダクションスイッチャーで鮮明な今を映す。その技術力はあらゆるビデオフォーマットの切り替えで、カメラ、レコーダー、コンピュータからのスライド形式やアニメーションなど、多様なニーズを満たし、常にエキサイティングなものを提供する環境を保持し続けてくれるのだ。SDI入力やマルチレイヤーエンジン、スティンガー・トランジションなどがその環境を支える。
Uncategorized

HD Video概要 1

「HD」とはハイ・ディフィニション(高解像度・高精細)の略語である。この意味合いは概ねの人々が解しているであろう。高解像度(より多くのピクセルで画像を映すため、非常に細かな部分まで鮮明に見える)が第一に挙げられる。従来の画質は「SD」と呼ばれ、640×480ピクセルが標準であった。それに対し、HDは960×720〜1920×1080ピクセルであり、非常に高い解像度を誇っている。次に、16:9の比率で今までよりも横長の縦横であること。これら一定の条件を満たしたものが、HD画質と呼称されるのだ。テレビでは「ハイビジョン(HDTV)」と呼ばれ、このHD画質の登場により、過去に経験したことのない驚異的な映像体験が可能になったのである。
Uncategorized

HD総括

ここまで多角的な角度からHDの特性について迫ってみた。HDには様々な利点があり、様々な業界で用いられているが、ここにきて「4K」という解像度を誇るものが登場した。しかし、2016年の現在ではまだまだ普及の見込みはなく、フルHD以下の解像度のものがほとんどである。今現在もHDプロダクションは、リアルタイム映像伝送の普及に重きを置いている。ビデオカメラに色々な端子を付け、複数の映像をネットワークケーブル1本で伝送する世界が、目前と迫っているのである。これからの放送技術は、先行する通信技術を追いかけて、デジタル化に続く大きな変革期を迎えようとしているのだ。これが実現した時に人類が目にするものは、驚きと輝きに満ち溢れた素晴らしい世界となるだろう。